恵聖会クリニックでは開院以来、高度な美容外科の医療技術・適正価格・徹底したアフターケアをコンセプトとしております。男性の様々なお悩みに、経験豊富な医師が対応いたします。

サイトカインブースター・ネオ(CytB-neo)再生因子療法

サイトカインブースター・ネオ(CytB-neo)再生因子療法

臍帯血幹細胞に含まれる再生因子を利用した、最先端の毛髪再生医療
サイトカインブースター・ネオ(CytB-neo)は、ヒト幹細胞を培養した液(臍帯血幹細胞培養上精液)から抽出した純度の高い再生因子製剤です。培養中に生成・分泌されるタンパク質が高濃度で含まれています。こうしたタンパク質は、肌細胞を生まれ変わらせる因子(再生因子)として働き、頭髪の再生にも効果を発揮します。

サイトカインブースター・ネオ再生因子療法とは

サイトカインブースター・ネオは、ヒト幹細胞を培養した液から抽出した純度の高い再生因子製剤です。
培養中に生成・分泌されるタンパク質(IGF-1, TIMP-1, MCP-1, MPI-1, RANTES, SCF, IL-8など)が高濃度で含まれています。
こうしたタンパク質は、肌細胞を生まれ変わらせる因子(再生因子)として働き、優れた創傷治癒効果や組織再生をもたらします。
サイトカインブースター・ネオに含まれる再生因子やサイトカインの肌細胞再生効果は、頭髪の再生にも効果を発揮します。薄毛の部位に局所投与することで毛母細胞を再生させ育毛効果を促します。 頭髪再生の場合、2~3週間の間隔をあけて8回程度の施術が推奨されています。

臍帯血再生因子臍帯血再生因子

HS-CM100(臍帯血再生因子)と期待される効果

臍帯血再生因子 HS-CM100

HS-CM100

IGF-1(インスリン様式成長因子1)
・すべての細胞の成長に関与し、成長ホルモンの20~30倍の効能
・コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の量産
・上皮細胞成長に関与

IGF-2(インスリン様式成長因子2)
・細胞の修復
・細胞のリニューアル
・筋肉の改善
・骨密度の増加

インターロイキンファミリー
・細胞の皮膚防御を強化
・抗炎症作用に起因する創傷治癒の向上
・表皮細胞のぶんれる促進因子に作用

IGFBP(インスリン様成長因子結合蛋白質)
・細胞の成長を促進
・新しい皮膚細胞創生

M-CSF(マクロファージコロニー刺激因子)
・細胞の増加、分化及び活性化に必要なサイトカイン
・マクロファージの増加
・コレステロール血中濃度低下機能

MCP-1(単球走化活性因子)
・マクロファージの増殖刺激と細胞活性化
・老化細胞、異物、過剰生成メラニン色素などの除去

例えば、IGF-1(インスリン様成長因子1)の働きは、すべての細胞の成長に関与し、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の産生を促し、上皮細胞の成長に関与します。このIGF-1の含有量をヒト由来幹細胞培養液(脂肪幹細胞由来)と比較した場合、HS-CM100では264倍の高い濃度を含有しています。

治療の流れ

1.カウンセリング
カウンセリングルーム

カウンセリングルーム

臍帯血再生因子療法について説明して、悩みに対して適応であるかどうかを判断し説明します。
2.HS-CM100の注入療法
オスモインジェクション

オスモインジェクション

施術はオスモインジェクションを使用した治療法です。0.6mm/40G針に刻まれた溝によって、確実に薬液を真皮層に成長因子の浸透させます。低侵襲でノーダウンタイムな効果的治療を可能にします。
3.アフターケア
施術当日から洗顔・シャワーは可能ですが、激しい運動・長時間の入浴・洗髪・飲酒・喫煙は避けてください。術後数日間は、施術部位の擦り洗いを避けてください。
頭髪の再生・傷跡の修復の場合は8回程度の施術が推奨されています。

料金はコチラ

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-14-5620 受付時間 10:00~19:00

PAGETOP
Copyright © 恵聖会クリニック メンズサイト All Rights Reserved.