恵聖会クリニックでは開院以来、高度な美容外科の医療技術・適正価格・徹底したアフターケアをコンセプトとしております。男性の様々なお悩みに、経験豊富な医師が対応いたします。

自毛植毛(パンチヘアマチック)

自毛植毛(パンチヘアマチック)

自毛植毛とは、自分自身の毛を脱毛部分に植毛する方法です。
当院では、日本でも数少ないメスを使用しない「ダイレクト法」を受けられます。
自分自身の毛なので、移植による拒絶反応もなく、そのまま抜けずに毛が成長していきます。

当院の自毛植毛の特徴

当院では、ドナーを採取する際に専用の機器(直径1~1.3mmのパンチ)を使って、直接後頭部から毛根をくり抜く方法を採用し、切らない植毛法「FUE(Follicular Unit Extraction)法」で行なっています。

植毛大国と言われる米国でのシェア率が高い、メディカマット社のパンチヘアーマチック(Punch Hair Matic:PHM)という機械を使用します。

移植片を移植する部位(移植床)は、移植片が入り込める最小の隙間で移植するので、傷も殆ど分からず、周囲の毛の流れに合わせて移植床を作成するので、希望に沿った毛の流れをつくることができます。

人間の毛髪は、1つの部位から1本の毛が生えているだけでなく、通常2~3本の毛が生えています。
この2~3本の毛を毛包単位で移植する方法をFUT(Follicular Unit Transplantation)法といいます。
日本で行われているFUT法は後頭部にメスを入れて移植株を切り分け、植えていく方法がほとんどですが、当院はメスを使わず直接パンチヘアーマチックで毛包単位で移植するFUE法を行っているため、傷跡も残らず、時間もスピー ディーです。

自毛植毛(パンチヘアマチック) 自毛植毛(パンチヘアマチック)

FUE法とは

メスを使わない・切らない・最小限の痛み・短時間・大量移植
FUE(Folicular Unit Extraction)法は移植用ドナー株を採取するために、後頭部からくり抜き用のパンチを使って毛根をくり抜く方法です。
「メスを使わない方法、切らない方法」として話題になっています。
自毛植毛(パンチヘアマチック) 自毛植毛(パンチヘアマチック)

パンチヘアマチック

パンチヘアマチックの植毛は90%以上の定着率を示し手術後は、すぐに帰ることができ、翌日から日常生活に戻れます。
尚、施術当日は、洗髪ができません。
ガーゼをあててお帰りいただくこととなります。
自毛植毛(パンチヘアマチック) 自毛植毛(パンチヘアマチック)

施術の流れ

1.ドナーサイト剃毛
ドナーサイトとレシピエント(消耗部位)の位置を確認して、ドナーサイトを剃毛します。
(剃毛部位は、後髪頭部の毛の長さで隠れます。)
自毛植毛(パンチヘアマチック)の治療例
自毛植毛(パンチヘアマチック)の治療例
2.麻酔
局所麻酔又は範囲の広い場合はブロック麻酔を行います。
自毛植毛(パンチヘアマチック)の治療例
3.グラフト採取
グラフトをPHM(パンチヘアーマチック)で採取します。(2~3本の毛を毛包単位でとるFUT法)
自毛植毛(パンチヘアマチック)の治療例
4.グラフト吸引
採取したグラフトをPHMのインプランターで吸引します。
(グラフトのデリケートな毛根部を手やピンセットで触れることなく素早く操作できます。)
自毛植毛(パンチヘアマチック)の治療例
5.インプラント(植毛)
レシピエントに周囲の毛の流れに沿って丁寧に植毛して終了です。
自毛植毛(パンチヘアマチック)の治療例

 

料金はコチラ

自毛植毛で有名な韓国のチェDr.来院

2012年1月、チョイ式の植毛を開発した、韓国のCHOIS皮フ科のチェ・グアンホDr.が恵聖会クリニックに見学に来られました。
世界的に有名なチェDr.も韓国でパンチヘアマチックを取り入れることになり、来院されました。
自毛植毛(パンチヘアマチック) 自毛植毛(パンチヘアマチック)

情報番組”き・れ・い”で薄毛治療について取り上げました!

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-14-5620 受付時間 10:00~19:00

PAGETOP
Copyright © 恵聖会クリニック メンズサイト All Rights Reserved.