恵聖会クリニックでは開院以来、高度な美容外科の医療技術・適正価格・徹底したアフターケアをコンセプトとしております。男性の様々なお悩みに、経験豊富な医師が対応いたします。

ワキガ・多汗症

ワキガ・多汗症

「何となく臭いがする・・・。」
「家族にワキガの人がいるのだけれど・・・。」
「汗をかくとシャツが黄ばむ・・・。」
「耳垢が湿っているのだけれど・・・。」
「とにかく汗が多いんです・・・。」といった症状の方はお気軽にご相談ください。

ワキガ

ワキガ ワキの下にはエクリン腺とアポクリン腺という合泌腺があり、アポクリン腺から分泌される物質や皮膚の上で汗と細菌が関与して臭いを発し、ワキガとなります。
治療法としては外科的治療(組織削除法)とプチ整形(ボトックス注射)があります。

ワキガ・多汗症

【ワキガのチェックポイント】

  • 腋毛が太いまたは濃い
  • 毛の生える範囲が広い
  • 耳垢が湿っている
  • 季節に関わらずワキの汗が多い
  • 自分でも匂いが気になる
  • 臭いを他人に指摘されたことがある
  • 洋服のワキの部分に黄色い汗じみができる
  • 家族を含む親族にこれらの症状に当てはまる人がいる

加齢臭と体臭

若者が汗臭いのは汗による体臭もありますが、30代以上の男性では同じ汗臭くても、どこか違ったニオイがします。
中年男性の独特の臭いは「加齢臭」と呼ばれるもので、加齢とともに過酸化脂質が増え、体内の脂肪酸を酸化させる事で生じる「ノネナール」という物質が原因です。
特にタバコを吸う人、ストレス過多な生活を送る人は活性酸素を多く生み出し、加齢臭が強くなる傾向があります。

これに脇の臭いが遺伝的にも強い(日本人で10~20%)腋臭症が加わると、女性からクサイと嫌がられるという事になってしまいます。
ワキガ・多汗症(腋臭症)は、確実に治療が出来ますので、加齢臭対策としては、ストレスを和らげるよう努力する事とVitCなど抗酸化作用の含む食事をこころがけるようにしましょう。

治療方法


●ミラドライ

ミラドライ

ミラドライ

世界初の切らない最先端ワキガ・多汗症治療「ミラドライ」

ミラドライは、マイクロ波を利用し外側から汗腺に照射し、わきの下の汗やにおいの原因となるアポクリン腺・エクリン腺の機能を失わせていきます。また、皮膚を切開しないため傷を作らずきれいな腋下を保てます。施術時間も短く安全でダウンタイムも少なく、効果は半永久的に持続します。
米国政府機関FDAに認定
ミラドライはアメリカのFDA(米国厚労省)より認可を取得している効果・品質・安全性の高い医療機器です。

ミラドライの特長

切らない施術
皮膚を切らないので合併症などのリスクが大幅に減り、傷跡もなく安心して治療を受けて頂けます。切開後の手術跡が気になってノースリーブを着れないと言ったお悩みもなくなります。
長期間の効果と安全
ミラドライに使用されているマイクロ波は、水分に反応し熱を発する特長があり、水分の多い汗腺にのみ反応し壊すので、周辺組織にはほとんどダメージを与えないので安全です。
一度壊れた汗腺は再生しないので、手術同様に半永久的な効果をもたらします。
ダウンタイムなし
術後少しの腫れは見られますが症状は軽く、施術を受けた当日から日常生活に戻ることも可能です。シャワーは当日より可能ですが、入浴・サウナ・飲酒・激しい運動はお控えください。

ミラドライ治療の流れ

カウンセリング

カウンセリングルーム

カウンセリングルーム

皮膚を切らないので合併症などのリスクが大幅に減り、傷跡もなく安心して治療を受けて頂けます。切開後の手術跡が気になってノースリーブを着れないと言ったお悩みもなくなります。

治療箇所のマーキング
ミラドライ マーキング
治療の1~2日前に脇の下の毛を剃って来てください。アルコールでわきを消毒し、サイジングスケールで治療範囲を測定し専用のマーキングシートでしるしをつけます。

痛みをなくすために、局所麻酔
ミラドライ 麻酔
施術中の痛みを緩和するため、両わきの下の数箇所に局部麻酔を行い、麻酔が効くまでしばらく時間を置きます。

ミラドライ照射
ミラドライ
ミラドライのマイクロ波を照射します、局部麻酔とミラドライの冷却機能によりお肌を冷却、保護しながら照射するので痛みや熱感などの刺激を感じることはほとんどありません。片側約20~30分ほどの治療時間の目安となっています。

照射後
ミラドライ
施術後は、鎮静のためにアイスパック(もしくは小さい氷嚢)をあてて照射部位をクーリングして終了となります。麻酔が切れてからの痛みや違和感には個人差がありますので、何かありましたらお気軽にご相談ください。

即日動いていただくことが出来ますが、治療後は汗腺とその周囲が熱によって炎症を起こしていますので、数日間は激しい運動や入浴、飲酒は控えてください。当日からシャワーは可能で日常生活には支障はありません。 治療後1~2日間はアイスパックで患部を冷却していただきます。

よくある質問

Q.ミラドライは汗をかくどの部分でも施術できますか?
A.ミラドライはわきの下のみを対象とします。

Q.どのような方が施術を受けることが出来ませんか?
A.妊娠中の方・妊娠の可能性のある方、ペースメーカーを使用している方、酸素投与している方、これまでに局所麻酔でアレルギーなどの問題の起きた方が施術を受けることが出来ません。
※ 過去にワキガ多汗症外科手術を受けられている方は、施術が出来ない場合があります。事前に医師へご相談下さい。

Q.脱毛をしていますが、ミラドライを受けることは出来ますか?
A.レーザー脱毛とミラドライのマイクロ波の作用は違いますが、両治療ともに、反応する組織の周りは発生する熱により、やけどと同じ状態になるので身体への負担を考慮し、レーザー脱毛後は最低2ヶ月をあけてからのミラドライをお受けください。またミラドライ後は2~3ヶ月は少なくともあけて脱毛を行ってください。

Q.施術は痛みますか?
A.施術前に局所麻酔を行い、ミラドライの冷却機能によりお肌を保護しながら照射しますので施術中の痛みはありません。

Q.ミラドライ施術を受けた後は入浴できますか?
A.施術当日は身体の負担を考えてシャワーをあびる程度にしてください。

Q.どのような効果が期待できますか?
A.通常、施術直後からわき汗やワキガの減少を実感できます。一度失われた汗腺は再生しませんので、長期間の効果を期待できます。状態によっては3ヶ月以上の間隔をあけて2回目の施術をおすすめする場合があります。

Q.脇下の汗腺は必要ないのでしょうか?
A.身体全体には400万の汗腺があり、脇の下にあるのは約2%です。この2%をなくしても身体の機能、汗による冷却に影響することはありません。

Q.わき毛は減りますか?
A.個人差がありますが、減毛します。

料金はコチラ


●外科的治療(組織削除法)

ワキガ・多汗症の手術方法は様々ですが、その中で最も確実な方法が「組織削除法」です。
クリニックによってはわずかな切開で治療する超音波法や吸引法を、特別な名前を付けて広告を出していますが、それらの施術も効果はありますが取り残しが出てくるため、再発の可能性が高く確実とは言い切れません。
その点、組織削除法は直視下で、臭いや汗の原因となるアポクリン腺やエクリン汗腺をとりのぞきますので、再発のない確実な方法と言えます。
ワキガの原因となるアポクリン腺とエクリン汗腺を、皮下に肉眼で確認することができるからです。
ワキのシワに沿って3~4cmの切開でこれをとりのぞくことで、臭いだけでなく多汗にも効果を得られます。
また、同時にワキの下の永久脱毛の効果もあります。

麻酔方法・・・局所麻酔
手術時間・・・約2時間

手術後の経過として約1週間、ワキの下にガーゼを当てて圧迫するため、肩を大きく拳上する運動は控えてください。
又、傷跡は脇のシワに沿っているため目立たない薄い線となり、体質によりクリームを外用することで傷は殆ど目立たなくなります。

料金はコチラ


●プチ整形(ボトックス注射)

手術に抵抗があるという方は、ボトックス注射で多汗を抑えることができます。
ボトックスは交感神経腺維をブロックするため、エクリン汗腺の働きを弱める効果があります。
効果の持続期間は3~6ヶ月間ですので、特に汗の気になるシーズン前に注射を行うとよいでしょう。

料金はコチラ

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-14-5620 受付時間 10:00~19:00

PAGETOP
Copyright © 恵聖会クリニック メンズサイト All Rights Reserved.